法務に強い”行政書士”が行う
遺品整理専門店
SINCE(シンス)
代表の永戸です

今日のブログテーマは
「遺品」

先日、遺品整理でトラブル!
「悪徳業者の手口・よい業者の見分け方」
なんて記事を読んだ

見積り金額を確認して
依頼したのに
現場で法外な追加料金を取られる
ケースがあるらしい

皆さん、気をつけてください!

ところで遺品整理の
遺品は誰のものなんでしょう?

基本的には
相続人のもの
遺言で指定してあれば
遺言に従う

賃貸住宅などで亡くなった場合
遺品は相続人のものでも
それがある場所の所有者は
オーナーさんである

では借りてた人が亡くなったとき
賃貸借契約はどうなる?

契約は相続人に引き継がれ
亡くなったと同時に
無効にはならないのだ

だから誰もその後
住まずに遺品を放っておいても
相続人や保証人は家賃を
払わなくてはならない

でもなかなか相続人が出てこない
保証人も連絡が取れない
なんてことになったら
家賃は入ってこない

勝手に遺品を処分するわけにもいかず
新たな借り主も探せない

さらに自殺の場合などは
事故物件になり
入居者も入りづらく
これまでと同じ家賃も取れない

オーナーさんもお手上げだ!

相続人が出てこない場合
その後オーナーさんが
どのように対処してるのか
知り合いに聞いてみたが
明確な答えはなさそうだった

老人の一人暮らしも増え
一人っ子、生涯独身など
相続人のいない人もこの先多くなる

何か対策をとらなければ
社会問題にもなってくるだろう

てことで今日はこのくらいで

最後までお読みくださり
ありがとうございましたm(_ _ )m

■■■■■■■■■■■■
法務に強い”行政書士”が行う
遺品整理専門店
SINCE(シンス)
代表 行政書士 永戸康弘

電話でのお問い合わせは
24時間365日
0120-409-448

メールでのお問い合わせは
info@ihinnseiri.jp

ホームページはこちら
■■■■■■■■■■■■