法務に強い”行政書士”が行う
遺品整理専門店
SINCE(シンス)
 代表の永戸です
今日のテーマは借金

先日、国の借金が1053兆円、
国民一人当たり830万円に
なったというニュースを見た

でも1053兆円って
デカすぎて
庶民にはよくわからんですよね

じゃあ、わかりやすく
日本のGDPの2倍
来年度予算案の概算要求額の10倍
孫正義の総資産の500倍

て言われてもそれもわからん!
そもそも孫さんは庶民じゃないし!

でも借金って返さないと
いけないんですよ

じゃあ、親が多額の借金をしたまま
死んだ場合はどうなる?

答えは
妻や子に相続されるんです

でも、遺言で借金を相続する人を
指定したらよくない?

答えはNO!

借金は指定できないんです
相続人が全員で背負うんです

でも背負わなくてもいい方法が・・・
あるんですよ

放棄するんです

僕は一円もいらんからって
口でいう放棄じゃなくて

家庭裁判所で手続きする
相続放棄のこと

そのとき注意しないと
いけないことがある

相続が始まった(のを知った)
ときから3カ月以内に
放棄しないと
手続きはできなくなり
プラスの財産も
マイナスの財産(借金)も
自動的に相続したことになるのです

てことで、今日はこのくらいで
最後までお読みくださりありがとうございましたm(_ _ )m

■■■■■■■■■■■■
法務に強い”行政書士”が行う
遺品整理専門店
SINCE(シンス)
代表 行政書士 永戸康弘

電話でのお問い合わせは
24時間365日
0120-409-448

メールでのお問い合わせは
info@ihinnseiri.jp

■■■■■■■■■■■■