法務に強い”行政書士”が行う
遺品整理専門店
SINCE(シンス)
代表の永戸です

今日のテーマは
「相続税基礎控除額」

平成27年の相続税基礎控除額の下げによりどのくらい影響があったのか!?
やっと出ました
新聞記事はコチラ

というか、去年の12月に亡くなった人の相続税の申告・納税期限は
相続開始(を知った)日から10か月以内
ということは今年の10月なので
なかなかその結果(統計)が出ないことに今頃気づきました
確定申告(3月15日)とは期限が違うんですよね(汗)

基礎控除額が
5000万+1000万×法定相続人の数→3000万+600万×法定相続人の数
控除額としては4割減って
納税の対象者は死亡者の4.4%→8.0%と1.8倍
相続税の税額(税収)は30.3%アップ

ということは今後どうなるのか

今まで相続税のことなど気にしてなかった人たちも
自分がそうなんじゃないかとソワソワ…

相続税の対象者なのか判断してくれる人がたくさん必要
相続税対策が必要
納税資金の確保が必要
代わりに相続税の申告をしてくれる人が必要

となる

一方、国は基礎控除額を下げることによって
税収を増やすことができるのが分かった
ということは何年、何十年か先にまた下げるんじゃないだろうか…

てことで、今日はこのくらいで
最後までお読みくださり
ありがとうございましたm(_ _ )m

■■■■■■■■■■■■

法務に強い”行政書士”が行う
遺品整理専門店
SINCE(シンス)
代表 行政書士 永戸康弘

電話でのお問い合わせは
24時間365日
0120-409-448

メールでのお問い合わせは
info@ihinnseiri.jp

■■■■■■■■■■■■